INTERVEW12

電気を送る使命を感じながら働いています。

株式会社マルタ池田興業 桑原純平さん

入社半年、
先輩社員から多くのことを学ぶ毎日です

社長との出会いから社員としてこの会社に誘っていただきました。仕事の内容と社長の人柄に魅力を感じて入社をしましたが、社員は男性ばかり、とてもいい雰囲気の会社です。
業務の内容、そして職場での人との付き合い方など、様々なことを先輩方から教えていただいています。
毎日朝早くから現場に出向き、自然の中で働くのはアルバイト時代とは異なり、働くことが楽しいなと感じています。

現場に出て、はじめて解ることも多い仕事。
いまはまだすべて作業が難しい

現場で使う「道具」や「材料」は、今まで見たことのなかったものが多く覚えるのに必死。すべての作業において難しいと感じることが多くあります。
私は、地上で柱上や高所で作業を行う社員の補佐をすることが多いのですが、それぞれの作業内容がわかってくると自分から進んで次の作業に必要な材料を先回りして用意し、先輩に差し出すことができるようになります。素早く的確なサポートができたときにはよろこびを感じます。

現場に残る仕事をしたい。

電気を取り扱う仕事では、自分たちの施工ミスによって電気を止めてしまうのは絶対にNGです。それをしないためにどうするか、守るべきルールはとてもシビアです。研修の中でもそのような勉強はするのですが、実際に現場にでると、なお一層会社からもしっかり指導されます。
例えば、高所作業車で一人で作業をしていいかというとNGで、現場監督者の指示での作業が基本です。チーム(班)で作業を行うので、チームワークも大切だなと思います。

今は、補佐業務中心ですが、今後は現場に自分で施工した「もの」を残せるよう、早く仕事を覚えてキャリアアップをしていきたいと考えています。

先輩社員の声一覧へ戻る